今回のパリ土産はエルメスのスカーフ ハンギング システムにしました♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

このページでは、管理人がパリ土産に購入したエルメスのスカーフのハンギングシステムについてご紹介しています。

エルメスのスカーフ ハンギングシステム

今回管理人がパリに行った際に自宅用に買ったお土産、それがエルメスのスカーフ ハンギングシステムです。アメリカではディスプレイ システムともいうようです。

そんなの通り、エルメスのスカーフ、カレを壁に吊って飾っておくための金具です。

↓こんなのです。

エルメスのスカーフのディスプレイシステムです。エルメスのホームページよりお借りしました。

エルメスのスカーフはとてもおしゃれなので、絵画のように額に入れて飾る方も多いですが、額に入れて飾る場合にはずれたりよれたりしないように裏打ちするので、一度額に入れると二度と使えない、というデメリットがあります。

この点、ハンギングシステムを使って飾れば、壁に飾って楽しむこともできるし、外して首に巻いてお出掛けすることもできるので一石二鳥です。

エルメスのスカーフはシーズンごとにいろいろなデザインが出ているので、シーズンによって壁にかけるスカーフを変えて季節ごとに部屋の雰囲気を変えることもできます。

エルメスのパリ本店でご購入

ということで、時間を見つけてパリのフォーブル・サントノレ通りにあるエルメス本店へ行ってきました。エルメス本店の写真がこちら。

今回のパリ土産はエルメスの本店(フォーブール サントノレ店)でご購入♪

中に入ると、日本のエルメス店舗や空港免税店とは比にならないほど広々です。

フォーブル・サントノレ通りはパリのブランド街で、エルメスのほかにもシャネル、クロエ、カルティエなど、フランスを代表する高級ブティックが軒を連ねます。

店員さんにハンギングシステムが欲しいと伝え、奥の方から出してもらいます。

お店の中でも実際にこのハンギングシステムを使ってカレ70、カレ90、カレ140などを展示していたので、実際に触らせて頂きました。

店員さんからいろいろと話を聞きましたが、個人でハンギングシステムを買う人はなかなかいないそうです^^;

とはいえ、自宅に是非おしゃれにカレを飾りたいのでご購入♪

現地通貨で485ユーロしました。

日本に帰って早速開封してみます

今回購入したスカーフのハンギングシステムがこちら。箱自体結構大きいです。

今回のパリ土産はエルメスのスカーフハンギングシステムにしました。485ユーロでした。

箱を開けたところ。単なる金具ですがものものしい感じで箱に入れられています。素材はステンレスだそうです。

スカーフを挟む側の金具は合計5個あります。エルメス本店の店員さんになんで5個あるのか聞いたら予備だそうです。

壁に取り付けるためのねじが4個とスカーフを挟む金具が5個入っています。

5個のうちの1個は予備だそうです。いる?

今回お土産に購入したエルメスのスカーフ ハンギングシステムです。

スカーフを挟む部分はエルメスのマーク刻印されています。このエルメスマークがなければいくらなのか・・・とか思っちゃいます。

スカーフを挟む金具はマグネットになっています。実際に外してみましたが、かなり強力な磁石です。ばねとマグネットの金具を結ぶ部分はレザーです。

スカーフを挟む側の金具です。バネの輪っかとマグネット部分です。マグネット同士をつないでいる部分はレザーです。

ハンギングシステムのスカーフを挟む部分です。輪っかの部分はばねになっていて、スカーフをピンと伸ばして飾ることができます。

マグネットを外すときには結構力がいります。強力マグネットが使用されているようです。これだけ強力なマグネットであれば、スカーフをしっかりと壁に飾れそうです。

ハンギングシステムのマグネットを外したところです。

こちらは、壁に取り付ける側の金具です。こちらには特にエルメスマークなどはありません。単なるステンレスの金具です。溝の部分に先ほどのばねをひっかけます。

カレのハンギングシステムの固定部です。ねじ部のつくりはかなり簡素です。

ビスのサイズです。M4で長さは15mmです。ドライバーを差し込むところはないので、手でねじ込むしかありません。

壁に取り付ける部分のねじはM4×15mmです。一般の家庭の壁に取り付ける場合には壁に直接取り付けるのではなく、穴をあけてプラスチック製のスリーブをはめて補強するとよいでしょう。

壁に取り付ける時にはアンカーを使用するのがおすすめ

ビスなので、壁が木などであればそのままねじ込めばよいのですが、壁がしっくいや石膏ボード、コンクリートなどの場合には保持力が弱いので、ぐらついたり、傾いたりする可能性があります。下のようなアンカーを使用するとよいでしょう。

ビスを直接壁にねじ込むと、保持力が弱いので、このようなアンカーを使用するのがよいでしょう。

とは言え、家の中のどこにスカーフを飾るかまだ決めきれていないので、このハンギングシステムはまだ使えていない状況です。

ん~、玄関ホールに飾るか、リビングに飾るか・・・このハンギングシステムが使われるのにはしばらく時間がかかりそうです。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*