KLMオランダ航空のビジネスクラス豪華機内食♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

KLMオランダ航空のビジネスクラス豪華機内食

KLMオランダ航空のビジネスクラス豪華機内食をご紹介しています♪

2019年3月に関西国際空港からオランダスキポール空港までKLMオランダ航空のビジネスクラスで空の旅をしてきましたので、この時の機内食をご紹介しています。

前菜、メインディッシュ、デザートの順番で提供され、豪華でとてもおいしい機内食でした♪

まずはウェルカムドリンク♪

ビジネスクラスの乗客は優先搭乗させてもらえるので、搭乗口で待つ時間は少ないのですが、逆に機内での待ち時間が長くなります。

この待ち時間の最中に、ウェルカムドリンクを提供してもらえます。

大体、オレンジジュースかシャンパンを選べるのですが、お酒好きの管理人は毎回シャンパンを頂きます。

KLMオランダ航空のビジネスクラスのウェルカムドリンクとして提供されたのは、フランス産のNicolas Feuilatte Brut Reserveでした。

日本で買うとボトル3000~4000円程度もします。

KLMオランダ航空のビジネスクラスで提供されたウェルカムドリンクのシャンパン

KLMオランダ航空のビジネスクラスで提供されたウェルカムドリンクのシャンパンです。

シャンパンを飲みながらのんびりと出発を待っていると、サーモンと牛肉の甘煮のピンチョスも配ってくれました。

シャンパンとの相性抜群でついついシャンパンが進みます。

ウェルカムドリンクのシャンパンと一緒にピンチョスもサービス

ウェルカムドリンクのシャンパンと一緒にピンチョスもサービスしてくれました。

昼食

管理の乗った関空発オランダ行きのKL868便は11時出発なので、離陸してしばらくすると昼食タイムが始まります。

前菜はローストトマトスープ

前菜は手毬寿司かトマトスープが選べたのですが、管理人は機内食として提供される和食が苦手なので、トマトスープを頂きました。

ローストトマトスープという名前のとおりコクがあっておいしかったです。

手前にミニチュアの赤い靴が見えますが、これは塩とコショウです。こじゃれてますね。

KLMオランダ航空はいろいろなところで芸が細かいです。

飲み物はワインを飲みたい!という衝動を抑え、ハイボール(Whiskey with soda)にしました。

お酒は強いほうなのですが、飛行機でワインを頂くと悪酔いする傾向があるので自粛です。

KLMオランダ航空のビジネスクラス機内食。前菜のローストトマトスープ。

KLMオランダ航空のビジネスクラス機内食です。前菜はローストトマトスープを頂きました。

メインディッシュは仔牛のソテー

メインディッシュには「仔牛のソテーのクリームマッシュルームソース添え」を頂きました。

  • ローストポテト
  • ブロッコリー
  • ニンジン
  • パールオニオン

仔牛がやわらかく、ソースもまろやかで美味でした♪

KLMオランダ航空のビジネスクラスで提供された機内食のメインディッシュ

KLMオランダ航空のビジネスクラスで提供された機内食のメインディッシュです。仔牛のソテー クリームマッシュルームソース添えです。

デザートはチーズの盛り合わせ

デザートは以下の3種類から選べました。

  • チョコレートケーキ チェリーコンポート添え
  • フルーツの盛り合わせといちごのシャーベット
  • チーズの盛り合わせ

甘いものが苦手な管理人はいつもチーズの盛り合わせを頼みます。

ワインが飲めないのが残念ですが、どれもおいしく頂きました。

  • オランダ産ベームスターゴート
  • ブラスカス
  • フルム・ダンベール
  • キャラメルアーモンド
KLMオランダ航空のビジネスクラスの機内食のデザート

KLMオランダ航空のビジネスクラスの機内食のデザートです。チーズの盛り合わせを頂きました。

チョコレートもデルフトハウス!

昼食を食べたら機内の照明が落とされおやすみタイムに入ります。

管理人は時差ボケ対策としてヨーロッパ行の際には機内で極力寝ないようにしているため、

映画で気を紛らわせていました。

そんな時にもフライトアテンダントの方が御用聞きに回ったり、お菓子を配ったりしています。

今回はチョコレートを配ってくれました。

デルフトハウスをかたどったもので、かわいいチョコレートでした。

ブラックチョコレートで甘いのが苦手な管理人でもおいしく食べられました♪

KLMオランダ航空ビジネスクラスのフライト中に出されたチョコレート

KLMオランダ航空ビジネスクラスのフライト中に出されたチョコレートです。オランダのデルフトハウスをかたどったかわいいデザインです。

朝食はなんとお好み焼き!

ビジネスクラスといえども、朝食メニュー(到着直前のメニュー)は2種類程度からしか選べませんが、今回のKM868便では何と5種類から選べました。

それにしても面白いネーミングです。

  • クランチーサラダコンボ(ミックスサラダ、タンドリーチキン、リンゴ、チェリートマト、サヤインゲン、チャービル入り、ヴィネグレットドレッシング、フレッシュフルーツサラダ、ガーリックブレッド共に)
  • ファンシーべジ(リコッタチーズとほうれん草のラビオリ、トマトソース、ナス、パルメザンチーズ、ミックスサラダ、チョコレートモカタルトと共に)
  • ゴーイングローカル(和食弁当:大鮃の西京焼き、胡麻豆腐山葵いくらのせ、蟹の酢の物、鯖寿司、茄子田楽、牛肉しぐれ煮竹皮包み俵にぎり、みそ汁、和菓子)
  • ギルティプレジャー(お好み焼き:豚肉、卵、お好み焼きソース、キューピーマヨネーズ、ルッコラとチキンのサラダ、柚子ドレッシング)
  • スウィートストリート(チーズケーキ レッドカラントソース添え)

この選択肢を出されて管理人は悩みました・・・。

大好きなお好み焼きを頼みたい一方、お好みソースのにおいがあたりに充満することは避けられません。

そしてネーミングが罪悪感をそそります。「ギルティープレジャー」・・・。

そう、おいしいんだけどハイカロリーだよ?ほんとにそんなものを食べるの?やめておいた方がいいんじゃない?

悪魔と天使の囁きが聞こえてきます。

・・・でもこれからしばらくはヨーロッパの食事しか口にできません。日本食は当面口にできません、そう、決心しました。

お好み焼きを頼む!と。

フライトアテンダントの方にそれを告げると作るのに15分かかるから、待っててね、と言われます。

冷凍食品に決まってますが、解凍と温めに時間がかかるんでしょう。

でもやっぱりお好み焼きは美味しかった。

ほとんどお好みソースとマヨネーズの味なので間違いなんてあろうはずがありません。

これまで食べた機内食の中で一番おいしかったかもしれません。

とても満足でした♪

KLMオランダ航空ビジネスクラスの朝食です。ギルティプレジャーことお好み焼きです。

KLMオランダ航空ビジネスクラスの朝食です。ギルティプレジャーことお好み焼きです。

まとめ

このページでは、KLMオランダ航空のビジネスクラスで提供された機内食をご紹介しました。

いずれも豪華でおいしいものばかりでした。ご馳走様!

この記事がこれからKLM航空のビジネスクラスをご利用される方のご参考になれば幸いです。

それでは!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*